2019.07.22 Monday

映画「今日もどこかで馬は生まれる」のご紹介 

0

     

     先日、お世話になっている Northern Lake さんから映画のご案内を賜りました。

     その映画の名前は「今日もどこかで馬は生まれる」です。

     Northern Lake の店主さんは、長く競走馬の育成(ケア)にかかわってきた方で、現在も馬に寄り添うお仕事をされています。

     以下は、私に届いたメールより抜粋させて頂きます。

     

     競馬の世界は華やかですが、その裏にある現実を描いたドキュメンタリー映画の予告編です。

     昨年クラウドファンディングで集めた資金で作成されまして、私と愛馬のキリシマノホシも出演させてもらっています。(中央競馬の厩務員時代に担当していた馬で、処分寸前に引き取りました)予告編の最後の方に、愛馬と遊ぶ私が出てきます。


     https://www.youtube.com/watch?v=a3yS2jAHVis
     
     映画館で一般上映するにはハードルがあるようで、現在はクラウドファンディングした人にDVDが配られたり、上映会が開かれたりしています。
     1人でも多くの方に観てもらって、1頭でも多くの馬の命が救われれば… そう願っています。

     

     

     前出の予告編しか見ることができていないので、本映画の感想を綴ることは自重させて頂きますが、競馬が持つ楽しさをスポイルするような映画ではないと感じております。

     興味を持たれた方は、ネット等で上映情報を調べて頂ければ幸いです。

     ※参考:映画のツイッターはこちら

     


     

     光と影。表と裏。

     人間が関わる事の多く…その殆どに、の双方が含まれている事はいうまでもありません。それは、娯楽利便のみならず善意を動機の起点に置いた行為であっても同様でしょう。

     状況の変化や時間の経過のみならず、それに関与する人間の思想信条や心境の変化によって、そうした相反する面(功と罪)が助長されていくのは、悲しいかな…人間の性だと言えるのかもしれません。

     この歳になって、殊更に痛感させられる事の一つです。

     

     表面的な正しさは、月の裏側にフォーカスすると霧散するものです。

     故に、聖人君子面はできないとつくづく思う次第。

     かといって、悪びれるのは厚顔無恥に過ぎるというもの。

     価値観が多様化し、それを容易に発信できる今だからこそ、人間が織りなす功と罪の双方に対して冷静な視線を配りつつ、日々の営み(仕事や娯楽を含め)を続ける姿勢が求められているのでしょう(微笑)。

     

     

     

    2019.07.20 Saturday

    水辺に遺る人跡を訪ねて #01 − 名取川下流域・南岸界隈を寄り道 −

    0

       

       昨日(7月19日)、仕事で名取川下流域南岸に広がる住宅地へ向かった。

       無事に業務を終えてから、名取川北岸に回り込んで水辺の状態を観察しようと思い、当該地点からの道筋を確認すべく地図を眺めると、そう遠くない場所に古墳が幾つかある事を知った。

       

       

      続きを読む >>
      2019.07.17 Wednesday

      鮎師の鞭撻 女梅雨がやんだ水辺にて

      0

         

         記憶が薄れる前に記録しておく。

         一仕事を終えて立ち寄った水辺の話を…。

         

         橋を通過しながら横見した川の中に釣り人はいなかった。

         

           ↑ トーナメントにも出ているという手練れの鮎師(7月17日)。

         

        続きを読む >>
        2019.07.15 Monday

        秋を目指して段取りを ー シェル・モデル と 交錯する想い ー

        0

           

           アリとキリギリスの顛末はに訪れるけれど、私の場合はのようで(笑)。

           とあらば、この梅雨から酷暑の夏にかけての時間を如何に使うかでその顛末も変わってくるわけですから、時節に相応しい作業をピックして、暇を見つけながら進捗させるようにしています。

           

           

          続きを読む >>
          2019.07.11 Thursday

          男のハンドメイド・ルーム無法地帯 #01 ー 見て見ぬふりは許されぬ エアコンのメンテ ー

          0

             

             折に触れて記していますが…。

             今年の梅雨は、昨年の超高音多湿とは異なり、誠に「梅雨らしい梅雨」でして…。

             とは言え、この数週間後には酷暑に転じても何ら不思議ではありません。

             その様なわけで、去る7月3日にエアコンのメンテナンスを済ませました。 

             

              ↑ 此度はこいつを掃除します。

             

             にしても、エアコンの掃除って、これがまた億劫なんですよね…実際。

            「ブログのネタにしよう!」なんて思わなきゃぁ、踏ん切りがつかないわけで(苦笑)。

             とまぁ、生活環境に深く関わる仕事をしている人間(私)ですら、平時に増して腰が重くなるのがエアコン内部のお掃除なのですが、これが存外に無視してはいられない話なのですよ。

             

             特に、相応の作業環境(室内)で、ルアーや模型等で有機溶剤を使って塗装する趣味や、塵埃が伴う工芸的なアクティビティーを嗜んでいる方で「この辺の事に疎いんよ。」若しくは「基本苦手だし。」「動作していりゃ関係ない。」なんて方がおられたらですね…是非ともこの惨状を凝視して頂きたいと。

             かような想いを以て、綴らせて頂く次第です(低頭)。 

             

             

            続きを読む >>
            2019.07.09 Tuesday

            櫻鱒19’ Preparation#29 ー 梅雨の水辺と風物詩 ー

            0

               

               去る7月2日の昼前、移動の合間に水辺の様子を眺めてきました。

               鮎解禁の歓喜と熱を帯びた開口一番の期間に、鮎ではない魚を狙う私が割り込むのも無粋極まる話だろうと、釣り座の様子を確認する事に始終していた私にとっては我慢の1週間でした(笑)。

               

               

              続きを読む >>
              2019.07.06 Saturday

              秋田より釣果報告 19’ #03 ー 岩魚天国に遊ぶ ー

              0

                 

                 タイミングよく デンキチ小父 51歳の誕生日 に、秋田の はじめさん から届いた釣行リポートは、元気な岩魚の姿と緑濃い溪の香りで埋め尽くされていました。

                 それはもう、最高のプレゼントにして、釣り欲を沸き立たせてくれる内容でした。

                 「岩魚天国」…いいですねぇ…心に響きます(羨望)。

                 釣行の詳細は イチゴイチエ ノ サカナタチ をご一読願います。 

                 

                  ↑ 伝吉談:絵心あるカメラマンならではの作品(感嘆)。

                 

                続きを読む >>
                2019.07.04 Thursday

                新たなる旅立ち To Northern Lake #24

                0

                   

                   溪の古強者 Warhorse を納品(全9色)させて頂きました。 

                   興味を持って頂けた方は、Northern Lake さんまでお問い合わせ願います(低頭)。

                   

                   

                   Warhorse のスペック及び19年リリースモデルの変更点

                   

                   Spec

                   type:シンキング(下の「※念の為」をご参照下さい。)

                   weight:≒4.3g(カッパー仕様の銅山鮎は≒4.4g)

                   length:バルサブランクサイズ45弌申侏萓52

                   lip:基盤 T=0.8

                   eye:シェルベース4層ドームアイ

                   collar1:上写真前列左より サニーグラス/赤金/山女/火焔山女/新緑鮎

                   Collar2:下写真前列左より スジコ/リバーベイト/黒金/銅山鮎

                       オレンジベリーは、サニーグラス・赤金・火焔山女・スジコ・黒金・銅山鮎の6種。

                   

                   change point

                   1:アイのデザインを睨み目線へ

                   2:ウェイトをタングステンへ

                   3:ウェイトをアップ

                   

                   ※念の為

                   ウェイトをアップさせた事から、ヘビーシンキングという表記に変えた方が良いかとも考えましたが、私自身がシンキングモデルに於けるへヴィーやウルトラへヴィーといったカテゴライズについて深い見識を持っていない事、そして、Warhorse のフォルムを見て頂ければ分かる通り、馬ノ背状の豊かなボリュームが備わっているため、ウェイトは確かにへヴィーではありますが、浮力も相応にある事から、製作者の感覚からシンキング表記のままとさせて頂いております。

                   

                   

                   製作者の気質により、あっさりとした紹介を…。

                   此度、時代に逆行するかの如くへヴィーウェイトを志向した Warhorse ですが、その目論見とターゲットに変化はありません。このボリューミナスな古強者が目指すのは、狡猾にして貪欲な岩魚です。

                   立気味のリップにより、アップでも適度な引き抵抗を感じる事ができるでしょう。

                   また、アクションはウォブ強め(背中を揺らしたローリングも)。フリーフォールで速やかに水底へ到達し、テンションフォールで、ペンデュラムに背中を揺らしながら沈下します。

                   兄弟モデルの Petal と同様に、フックレスの状態で前重心に設計しておりますので、泳ぎの程度や好みを鑑みつつ、ご自身の嗜好・信条に合わせてフックの種類やサイズを試される事をお勧め致します。

                   

                   製作のご依頼を賜ってから1年余もお待たせして納品する事となった Warhorse ではありますが、酔狂なアダルト・アングラーの皆様のお役に立てる事を祈るばかりです(陳謝&祈念)。

                   これにて、至らぬインフォーメーションを一旦締めさせて頂きます。

                   

                   ※お時間のある方は、続き ↓ もどうぞ!

                   

                  続きを読む >>
                  2019.07.02 Tuesday

                  リップ・ウィーク 一旦終了! ー 終わりは 始まり ー

                  0

                     

                     鮎解禁を前に…月末から降り続いた雨。

                     そして、開口一番とも言える7月1日…悲しい出来事が起きてしまいました。

                     県北部に位置する気仙沼市を流れる大川鮎師(80代)がお亡くなりになりました。

                     悲しいかな…私たちが好む水辺を舞台にしたアクティビティーの多くは自己責任が問われるのが常。こうした機会を以て、何かしらの警告と受け止め、そして省みる必要がありそうです。

                     とまれ、増水した川に鮎の姿を追い求めた老鮎師に合掌…。

                     

                     さて、気分を変えて作業日誌に参りましょう。

                     此度は、リップ・ウィーク総括といった感じになるのかな(微笑)。

                     

                     

                    続きを読む >>
                    Calendar
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << July 2019 >>
                    PR
                    Handmade ranking

                    にほんブログ村
                    Trout ranking

                    にほんブログ村
                    Selected Entries
                    Categories
                    Archives
                    Recent Comment
                    • 男のハンドメイド・ルーム無法地帯 #01 ー 見て見ぬふりは許されぬ エアコンのメンテ ー
                      でんきち (07/15)
                    • 男のハンドメイド・ルーム無法地帯 #01 ー 見て見ぬふりは許されぬ エアコンのメンテ ー
                      でんきち (07/15)
                    • 男のハンドメイド・ルーム無法地帯 #01 ー 見て見ぬふりは許されぬ エアコンのメンテ ー
                      でんきち (07/15)
                    • 男のハンドメイド・ルーム無法地帯 #01 ー 見て見ぬふりは許されぬ エアコンのメンテ ー
                      長竿調子 (07/13)
                    • 男のハンドメイド・ルーム無法地帯 #01 ー 見て見ぬふりは許されぬ エアコンのメンテ ー
                      相模の釣師 (07/12)
                    • 男のハンドメイド・ルーム無法地帯 #01 ー 見て見ぬふりは許されぬ エアコンのメンテ ー
                      荻原 (07/12)
                    • 櫻鱒19’ Preparation#29 ー 梅雨の水辺と風物詩 ー
                      でんきち (07/11)
                    • 櫻鱒19’ Preparation#29 ー 梅雨の水辺と風物詩 ー
                      相模の釣師 (07/10)
                    • リップ・ウィーク 一旦終了! ー 終わりは 始まり ー
                      でんきち (07/04)
                    • リップ・ウィーク 一旦終了! ー 終わりは 始まり ー
                      長竿調子 (07/03)
                    Links
                    Profile
                    Search this site.
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM